ホーム > 営農情報一覧 > 農作業巡回情報【茶】

イベント2021.03.09
農作業巡回情報【茶】

■生育状況・病害虫発生状況

カンザワハダニ
本年の榛原地区カンザワハダニの発生はやや多い状況です。
二月の平均気温が高く越冬成虫の覚醒もやや早まったように見られます。覚醒した成虫は産卵を開始しますので、この時期の防除は卵・幼虫に重点を置いた防除になります。
初期防除を徹底することにより、1番茶前のダニの発生を減らすことができ、年間の防除を軽減させるためには重要な防除となります。


■管理・病害虫防除

カンザワハダニ
「ハイナン管内定点調査結果」寄生葉率3.3%
(前年8%、過去10年平均4. 5%)
※春季の越冬ダニの防除要否の目安:3%
ダニゲッターフロアブル 2,000倍(7日-1回)
または
茶ちゃっとフロアブル 2,000倍(14日-1回)
※ダニの卵・幼虫に高い効果があります。
※サビダニ・ホコリダニ・チャトゲコナジラミにも効果があります。
※接触した成虫から生まれた卵への孵化抑制効果があります。
※コサイド3000との混用は効果低下
※裾から肩の部分を丁寧に散布してください。
※多発園・常習発生園では畝全体を丁寧に散布してください。10a/400L
※被覆を計画している茶園ではカンザワハダニが増加する可能性がありますので徹底防除を行って下さい。


<< 一覧へ戻る
  • 環境保全型農業ネットワークシステム
  • 静岡県のJA
  • CNSネット
  • 農作業天気予報
  • JAネットバンク
  • JAハイナン自己改革の取り組み
 

個人情報保護方針個人情報保護法等に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集サイトマップ

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ