ホーム > 農家の皆様へ > 野菜 > 農作業巡回情報【レタス】

農作業巡回情報【レタス】

■生育状況・病害虫発生状況

播種が始まってきます。
高温障害による発芽不良に注意して下さい。
播種後に曇天が続く場合は苗の徒長に気を付けて下さい。


■管理・病害虫防除

○播種
種子が割れて芽(根)が出始めるのが、播種から7時間後となります。その時が高温であると発芽不良になり、芽が生長しない可能性が高くなります。
そのため、発芽時間を夜中の涼しい時間帯にするには、夕方に播種をするのが最も良いでしょう。
また、品種の播種時期を確認し、適期に播くようにして下さい。
灌水は朝と昼の2回を基本としますが、曇天で培土が湿っているようであれば、朝1回でも構いません。
夕方の灌水は徒長の原因になるので控えて下さい。

○培土
・与作N-150
・ヨシダ培土A(N-180)
・スミソイルN―150ロングα(亜リン酸)
・スミソイルN-180ロングα(亜リン酸)

〇育苗中の防除
・すそ枯れ病
予防 ダコニール1000 1,000倍(14日-3回)
治療 バリダシン液剤5  800倍(7日-3回)
※ダコニール1000はべと病の登録もあります
※すそ枯れ病、べと病共に苗で感染し定植後の本圃で発病する可能性があるので、予防の防除を行いましょう。

・ヨトウムシ
 アファーム乳剤  2,000倍(3日-3回)
 プレオフロアブル 1,000倍(7日-2回)
 ※定植時に灌注するジュリボフロアブル(200倍)、プレバソンフロアブル(100倍)は育苗期後半から使用できます。
  育苗中の防除として定植1週間前に処理しておくことも可能です。


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法等に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集サイトマップ

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ