ホーム > 農家の皆様へ > 水稲 > 農作業巡回情報【水稲】

農作業巡回情報【水稲】

■生育状況・病害虫発生状況

早期栽培は穂揃い期を迎えています。
普通期栽培は中干しが十分に行なえておらず、生育も例年に比べ遅れ気味です。


■管理・病害虫防除

【早期栽培】
中干し終了後、入水してからは間断かん水を行って下さい。

○防除
出穂後の防除(穂揃期)
・いもち病 ブラシンフロアブル1,000倍(7日-2回)
・カメムシ スタークル液剤10 1,000倍(7日-3回)
※穂揃期の防除後もカメムシが多い場合は
 ダントツ水溶剤4,000倍(7日-3回)を散布して下さい。

【普通期栽培】
中干しまでは通常の水管理を行って下さい。
中干しは田植後30~40日経過し、分けつが20本程度確保できたら開始して下さい。
田面に小さなヒビが入り、歩いてみて軽く足跡がつく程度に干しましょう。

○目安
・キヌヒカリ⇒田植後35日 10日間
・ひとめぼれ⇒田植後30日 20日間
・コシヒカリ⇒田植後30日 20日間

○中干し時の除草剤
・クリンチャーバスME液剤
 薬剤1,000㎖に水100ℓ/10a
(収穫50日前まで ヒエ5葉期まで 落水時)
もしくは
・ワイドパワー粒剤 3kg/10a
(収穫60日前まで ヒエ5葉期まで 落水時)

○穂肥
 あきたこまち、ひとめぼれ、コシヒカリ
  マップ456 15kg/10a
 キヌヒカリ
  マップ456 30kg/10a
 穂肥の施肥時期は出穂期の18日前が適期になります。

○防除
出穂前の防除
3種混合
・いもち病
ダブルカットフロアブル 1,000倍(穂揃まで-2回)
・紋枯病
モンカットフロアブル 1,000倍(14日-3回)
・コブノメイガ
ロムダンゾル 1,000倍(21日-2回)
出穂後の防除(穂揃期)
・いもち病 ブラシンフロアブル1,000倍(7日-2回)
・カメムシ スタークル液剤10 1,000倍(7日-3回)
※穂揃期の防除後もカメムシが多い場合はダントツ水溶剤4,000倍(7日-3回)を散布して下さい。


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法等に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集サイトマップ

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ