ホーム > 農家の皆様へ > 果菜 > 農作業巡回情報【いちご】

農作業巡回情報【いちご】

■生育状況・病害虫発生状況

収穫が終了したハウスは50℃程度(電気関係や塩ビ管が傷まない程度)で蒸し込みを行い病害虫が育苗ハウスや他作物へ移動してしまわないように注意して下さい。
タンソ病の対策で最も重要なことは育苗施設の環境作りです。
薬剤による防除をおこなっても菌が増殖しやすい環境下ではタンソ病が発生してしまいますので施設の環境作りを考えて下さい。


■管理・病害虫防除

・親株管理
葉枚数が4枚程度になるように葉かきをおこない病害虫の防除をおこなって下さい。
親株への施肥量は窒素成分で400㎎/月とされています。IB化成S1号の場合は8粒です。
農協で販売している培土は窒素成分で120㎎/ℓ入っており20日程度効きますので施肥量に注意して下さい。

・苗管理
苗をポット受けする時に必要ない葉は取り除いて下さい。
潅水は必要以上におこなうとタンソ病の発生が助長されますので苗が徒長しない程度に行って下さい。
また、潅水は夕方には土の表面が乾く程度の量・時間でおこなって下さい。

・葉かき
葉の枚数が多くなる=蒸散量が多くなる。ということになります。
子株が増えると共に親株への潅水量が不足しないように注意してください。


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法等に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集サイトマップ

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ