ホーム > 農家の皆様へ > 果菜 > 農作業巡回情報【いちご】

農作業巡回情報【いちご】

■生育状況・病害虫発生状況

この時期のアザミウマの防除は
(ディアナSCとスピノエースは同成分)
・ディアナSC 2,500~5,000倍 
前日-2回 ミツバチ3日 天敵影響あり
・スピノエース顆粒水和剤 5,000倍
 前日-2回 ミツバチ3日 天敵影響あり
・グレーシア乳剤 2,000倍
 前日―2回 ミツバチ翌日 天敵影響強
・アーデント水和剤 1,000倍
 前日―4回 ミツバチ3日 天敵影響強

・伸長抑制
伸長抑制剤を使用して下さい。
薬剤名:ビビフルフロアブル
使用目的:生育後期の伸長抑制 
希釈倍数:400~600倍 
使用液量:10~25㎖/株
使用時期:葉柄徒長期(但し収穫前日まで) 
使用回数:3回以内
使用方法:茎葉散布
総使用回数:4回以内(本圃定植後は3回以内、苗1回)

収穫が終了したハウスは50℃程度で蒸し込みを行い病害虫が育苗ハウスや他作物へ移動してしまわないように注意して下さい。


■管理・病害虫防除

・温度管理
ハウス内温度は、午前26℃で光合成促進、午後24℃で転流促進を図る温度管理ですがこの時期は品質維持のために低温で管理して下さい。

・潅水
月が替わる度に少量多頻度かん水を心掛けて給水量(給液量)を増やして下さい。
現在の灌水量は、土耕栽培の場合はpFメーターで1.7~1.8t程度
高設栽培の場合は株当たり400cc以上で管理して下さい。
なお、高設栽培の場合は給液毎30%程度の排液が出るように給液量を調整して下さい。特に13~14時頃と朝一番の排液量が足りなくなる場合がありますので注意して下さい。

・親株管理
親株の定植は早めにおこなって下さい。
葉枚数が3枚程度になるように葉かきをおこない病害虫の防除をおこなって下さい。
親株への施肥量は窒素成分で400㎎/月とされています。IB化成S1号の場合は8粒です。
農協で販売している培土は窒素成分で120㎎/ℓ入っており20日程度効きますので施肥量に注意して下さい。


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法等に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集サイトマップ

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ