ホーム > 営農情報一覧 > 農作業巡回情報【茶】

イベント2018.11.13
農作業巡回情報【茶】

■生育状況・病害虫発生状況

ナガチャコガネ
牧之原台地を中心に発生していますが、最近では管内全域で発生がみられます。
被害が進むと白根や細根がなくなり、根部を著しく加害された被害株は1番茶芽がほとんど生育しません。11月~12月が防除時期になります。
※薬剤量も多く作業も大変ですから、被害部分を確認したうえで防除を進めて下さい。推定による過剰防除はやめましょう。

・灰色カビ病
本年夏の乾燥により、着花の多い茶園が目立ちます。
花の多い茶園では、花弁等が葉に付着し、雨が降ると湿気で灰色かび病の発生が予想されますので注意して下さい。

・赤焼け病
年明け後にマシン油乳剤を散布する場合には、赤焼け病の予防として年内中またはマシン油散布1週間前に銅水和剤を散布してください。


■管理・病害虫防除

・ナガチャコガネ
スミチオン乳剤70% 4000倍
(90日-1回)・5ℓ/㎡土壌灌注
※防除方法は散布ではなく、かん注です。
※幼虫は、根の多い茶株の下にいますからかん注は雨落よりも内側に行なわないと効果がありません。
※降雨の翌日など土壌が湿っている時にかん注すると効果が高まります。

・灰色カビ病
フロンサイドSC2000倍(14日-1回) 又は
ベフドー水和剤500倍(14日-2回)
防除時期 11月~2月「花の満開時~落花時」

・赤焼け病
コサイド3000 1000倍(14日)
ドイツボルドーA水和剤 500倍(14日)
フジドーLフロアブル 500倍(14日)
カスミンボルドー 1000倍(30日)

・化粧ならし 
秋整枝の後、遅れ芽や風で古葉が浮き上がるものがあります。これを放置しておくと1番茶に入って品質を落とします。
芽の動きが完全に停止し(17℃以下)、強い風が吹いた後の11月中・下旬に必ず化粧ならしを行いましょう。
※化粧ならしの深さは、秋整枝面より深くならないこと(越冬芽にかからないこと)
※化粧ならしの時期は、強い風が吹いた後の11月中下旬が望ましい。遅れる場合は、絶対深くならないこと。


<< 一覧へ戻る
  • 白葉美人
  • マイカーローン
  • スーパー教育ローン
  • 環境保全ネットワークシステム
  • 静岡県のJA
  • 中古農機紹介サイト
  • 農作業天気予報
  • ネットバンク
  • JA直売所に行こう!
  • JAハイナン自己改革の取り組み
  • ネットバンク
 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
反社会的勢力への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ