ホーム > 営農情報一覧 > 農作業巡回情報【茶】

イベント2017.08.08
農作業巡回情報【茶】

■生育状況・病害虫発生状況

・チャノコカクモンハマキ
管内全地区発蛾最盛期を迎えているとみて薬剤に合った防除を行ってください。
また、例年の発生傾向から10日程度後に再度成虫が発生します。
今回の防除を踏まえて8月中下旬の防除計画を立ててください。


■管理・病害虫防除

・チャノコカクモンハマキ
薬剤ごとの使用適期
※使用倍率、摘採前日数はラベルをご確認ください。

〇ジアミド系
成虫期防除:発蛾最盛期から
幼虫期防除:発蛾最盛期から3日~5日後
エクシレルSE 2000倍(7日-1回) または サムコルフロアブル10 2000倍(3日-1回)
幼虫防除:発蛾最盛期から3日~5日後
フェニックスフロアブル 2000倍(7日-1回)

〇IGR
幼虫期防除:発蛾最盛期から7日後
マッチ乳剤 2000倍(7日-1回)
ファルコンフロアブル 4000倍(7日-2回)

〇BT剤
幼虫期防除:発蛾最盛期から7日後
レピクリーンDF 500倍(前日)
チューンアップ顆粒水和剤 2000倍(前日)

〇顆粒病ウイルス
幼虫期防除:発蛾最盛期から14日後
ハマキ天敵 1000倍(前日)

巻葉が多く見られたら・・・
アファーム乳剤 2000倍(7日-1回)
ディアナSC 5000倍(前日)
※残効短い


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
反社会的勢力への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ