ホーム > 営農情報一覧 > 農作業巡回情報【茶】

イベント2017.06.13
農作業巡回情報【茶】

MIMG_CAP

 二番茶の摘採が始まっています。
 本年の二番茶は、一番茶の摘採が遅かったことと、二番茶前の降雨の少なかったことから、昨年よりも7日~10日程度遅れています。今後は降雨による摘採の延期や、気温上昇による生育速度の上昇を考慮しながら摘採計画を立ててください。
 二番茶の販売情勢は、一番茶に混ぜられる良質なものとドリンク向けの二極化が進んでいます。出荷先茶工場の販売計画に従い摘採を行ってください。また、来年の一番茶を良質、多収なものとする為に二番茶後の遅れ芽ならしを行ってください。
 遅れ芽が徒長してしまうと、来年の一番茶の母枝、母葉が減少し減収となり、徒長した枝から出る一番茶芽は揃わずに品質が低下します。三番茶萌芽期(二番茶摘採から10~15日後)に、二番茶の遅れ芽のみを整枝するか、三番茶が伸びきる前(7月中旬~7月下旬)にトビ芽を整枝して下さい。尚、樹勢の低下している茶園はそのまま放任し、その後の生育状況を見ながら、遅れ芽が伸びすぎた場合は7月下旬にトビ芽のみを整枝して下さい。


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
反社会的勢力への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ