ホーム > 営農情報一覧 > 農作業巡回情報【茶】

イベント2017.05.30
農作業巡回情報【茶】

■生育状況・病害虫発生状況

本年の一番茶は、昨年の夏の乾燥と春の低温、一番茶開葉期の乾燥から減産となりました。
今後は、一番茶摘採時ハサミに掛からなかった遅れ芽の発生が予想されますので、摘採20日後を目安に遅れ芽ならしを行ってください。

カンザワハダニ(赤ダニ)の発生が目立ちます。5月下旬から6月上旬の降雨が少なく、低温の年はカブリダニ(天敵)の発生が遅れます。
本年は降雨が少ないため、カブリダニの発生が遅れる危険が有ります。
2番茶時期の発生を抑えるために茶園をよく観察しカンザワハダニの発生が多い場合には防除を行ってください。
特に2番茶で被覆を計画している茶園では、発生を助長しますので、防除を徹底してください。


■管理・病害虫防除

○施肥
 夏茶の品質や生育は刈り取り後の施肥が影響します。
 一番茶が終わったらなるべく早く施してください。
 土中への酸素補給を兼ねて土とよく混ぜましょう。

○遅れ芽ならし
 時期:遅れ芽が出揃った時期 一番茶摘採後20日
 深さ:一番茶摘採位置より上(摘採面より上の遅れ芽のみ除去)
※ならし位置が深いと二番茶が遅れます。
※早すぎると再度遅れ芽が出てしまうため、十分遅れ芽が出てから行ってください。

○重要な防除
①カンザワハダニ  ※春多発園、凍霜被害園、春無散布園注意
 ミルベノック乳剤 1000倍(7日‐1回)
②ウンカ・スリップス ※一番茶後~二番茶萌芽期までに必ず防除
 コルト顆粒水和剤 2000倍(7日‐2回)
※チャトゲ同時防除可

○発生を見てから、又は発生の多いところの防除
③コカクモンハマキ・チャハマキ
 ディアナSC 5000倍(7日‐1回)
④炭そ病 ※萌芽期 5月下旬から6月上旬
 ダコニール1000 1000倍(10日‐1回)
⑤クワシロカイガラムシ ※プルートMCを散布した茶園は防除不要
 コルト顆粒水和剤 2000倍(7日‐2回)
※チャトゲ同時可 または、
 アプロードエースフロアブル1000倍(14日‐2回)
※中切り、深刈り更新し発生が多い場合(二番茶を摘採しない場合)
 1回目 アプロードエースフロアブル 1000倍(14日‐2回)または、コルト顆粒水和剤 2000倍(7日‐2回)
 2回目 スプラサイド乳剤40 1000倍(14日‐1回)+機械油乳剤 100倍 ※USAはスプラサイド乳剤40使用禁止


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
反社会的勢力への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ