ホーム > 農家の皆様へ > 野菜 > 農作業巡回情報【レタス】

農作業巡回情報【レタス】

■生育状況・病害虫発生状況

玉流れはL中心のM寄りですが、2Lの割合も若干増加してきました。
10月の長雨で定植が少ない時期に入ってますので、出荷量は少ない状況です。
灰色かび病、菌核病、べと病の発生に注意して下さい。


■管理・病害虫防除

○ビニール被覆
日中の気温が高い場合はビニールを密閉しないで風が通るようにし、こまめな開け閉めをして下さい。
換気をすることで形状の乱れや病害虫の発生を抑えて下さい。
玉の表皮が剥けやすい品種については二重被覆をし始めて下さい。
表皮の剥けた傷口より腐敗病になる可能性がありますので注意して下さい。

○定植後の防除
・灰色かび病、菌核病
 予防
  スミレックス水和剤 1000倍(7日―5回)
 治療
  ゲッター水和剤 1500倍(7日―2回)
  メジャーフロアブル 2000倍(3日―3回)
  アミスター20フロアブル2000倍(7日―4回)

・べと病
 予防・治療
  レーバスフロアブル2000倍(7日―3回)
  フォリオゴールド 800倍(14日―3回)
  ゾーベックエニケード5000倍(前日―3回)

・ヨトウムシ
  アファーム乳剤 2000倍(3日―3回)
  プレオフロアブル1000倍(7日―2回)

・アブラムシ
  アグロスリン乳剤2000倍(7日―5回
  ダントツ水溶剤2000倍(3日―2回)


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内情報セキュリティ基本方針保険募集指針
反社会的勢力への対応に関する基本方針利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ