ホーム > 農家の皆様へ > 野菜 > 農作業巡回情報【レタス】

農作業巡回情報【レタス】

■生育状況・病害虫発生状況

凍結による表皮の剥けが原因で腐敗病が発生しています。
また、一部でべと病、灰色かび病、菌核病、アブラムシが確認されています。
ビニール被覆によりトンネル内の湿度が上がり、病気の発生を助長し、蔓延しやすい環境となるため、被覆前の防除を必ず行って下さい。


■管理・病害虫防除

○ビニール被覆
 日中は気温が高い時もありますのでビニールは密閉しないで風が通るようにし、こまめな開け閉めをして下さい。
 換気をすることで形状の乱れや病害虫の発生を抑えて下さい。
 玉の表皮が剥けやすい品種については二重被覆をし始めて下さい。
 表皮の剥けた傷口より腐敗病になる可能性がありますので注意して下さい。

〇定植後の防除
・べと病
 予防 レーバスフロアブル 2000倍(7日―3回)
 治療 フォリオゴールド 800倍(14日―3回)
    アミスター20フロアブル 2000倍(7日―4回) ※灰かび・菌核病にも効果有り

・灰色かび病・菌核病
 予 防 スミレックス水和剤 1000倍(7日―5回)
 治 療 ゲッター水和剤 1500倍(7日―2回)
予防治療 シグナムWDG 1500倍(14日―1回)

・腐敗病
 アグレプト水和剤 2000倍(14日―2回)
 バリダシン液剤  800倍(7日―3回)

・アブラムシ
 アグロスリン乳剤 2000倍(7日―5回)
 ダントツ水溶剤  2000倍(3日―2回)


<< 一覧へ戻る
 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内反社会的勢力への対応に関する基本方針保険募集指針
利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ