ホーム > JAハイナンについて

JAハイナンについて

JAハイナンについて

当地域は、東は大井川、西にはマリンスポーツの聖地として、また全国屈指のウミガメの産卵地として知られる御前崎。北には全国有数の茶産地「牧之原大茶園」が広がり、南には広大な砂浜と遠浅の海岸線で駿河湾に面しています。

JAハイナンは、榛原郡南部に位置する4町(御前崎町・相良町・榛原町・吉田町)の3農協が広域合併し、平成5年3月に誕生しました。平成16・17年の市町村合併により、2市1町(御前崎市のうち旧御前崎町・牧之原市・吉田町)となりました。

温暖な気候と肥沃な土地に恵まれて栽培している茶は、荒茶生産量で日本第二位を誇ります。また、南アルプスから流れ出る大井川の伏流水を利用した水稲をはじめ、レタス、メロン、ミカン、イチゴ、トマト、花卉などの施設園芸も盛んです。

ハイナンマップイメージ

JAハイナン3か年計画

ともに拓こう、協同が輝く時代

◎ めざす姿
わたしたちJAハイナンは、農の豊かさを次世代に伝えます。
暮らしの豊かさを組合員・地域住民に提供します。
心の豊かさを地域とともに育みます。
◎ 基本方針

 平成26年度からスタートした3か年計画「次代へつなぐ協同の力」では、3つの基本目標「農業経営の再構築」・農業を主軸とした「地域づくり」・活力ある「職場づくり」と11 の基本戦略を設定し取り組んでまいりました。また、農協改革を踏まえ、あらたに自己改革実践項目を設定し、取り組んでまいりました。
 今回の3か年計画は、引き続き10年後の将来像で策定した「農業を主軸とした地域協同組合」の実現のため、3つの基本目標「農家組合員の農業所得の向上」・「くらしの豊かさの実現」・「JAの健全な運営」と6つの重点目標を設定し取り組んでまいります。
 「農業所得の向上」では生産者組織を通じて個々の農業経営と産地力の維持・向上、販売力の強化、元気な農業の継続に取り組んでまいります。
 「くらしの豊かさの実現」に向けて、JAの総合事業をくらしに役立てる活動に取り組んでいくとともに、協同活動を通じて、暮らしやすい地域づくりに取り組んでまいります。
 「健全な運営」をしていくために、組合員の意見反映と仲間づくりを進め、環境変化に対応した事業体制等の構築に取り組んでまいります。

◎ 基本目標と戦略
基本目標1|農家組合員の農業所得の向上に取り組みます
  • 重点目標1 生産者組織を通じて個々の農業経営と産地力を維持・向上します。
  • 重点目標2 農業法人等大規模農業者の経営発展を支援します。
基本目標2|くらしの豊かさの実現に貢献します
  • 重点目標3 総合事業をくらしに役立てます。
  • 重点目標4 協同活動を通じて、暮らしやすい地域づくりに取り組みます。
基本目標3|JAの健全な運営に取り組みます
  • 重点目標5 組合員の意見反映と仲間づくりを進めます。
  • 重点目標6 JA経営の健全性確保に努めます。
3か年計画イメージ

JAハイナン3か年計画
ともに拓こう、協同が輝く時代
平成29年度~31年度

PDFダウンロード


 

個人情報保護方針個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内反社会的勢力への対応に関する基本方針保険募集指針
利益相反管理方針ご相談及び苦情のお問い合わせ事業継続における基本方針リンク集

Copyright© 2016 JA-HAINAN All Rights Reserved.
ページトップ